金欠の解決方法は簡単です

給料日前には大学生も会社員も主婦も金欠になりますよね。電気、ガス、水道が止められてしまう人もいるようです。

 

この記事では、お金がない時の乗り切り方で一番簡単で家族にもばれない方法をご紹介します。

 

そこだけ知りたい方はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
給料日前の金欠から解放される方法

 

 

 

 

支出を抑えるには ※結婚している場合

自分の預金通帳と請求書を見ると、お金が手の指の間から落ちてゆく砂のようにどんどん減っていく感じがします。

 

給料日前には毎月お金が足りなくなっているかもしれません。結婚したばかりで二人とも浮かれているので、支出を抑えられなくなっている場合もあります。

 

金欠は結婚相手のせいでしょうか?そうかもしれませんし、違うかもしれません。どちらにしても夫婦はチームですから、こうした窮地に陥ってしまった原因について二人一緒に考えてみましょう。

 

金欠の原因

金欠の原因はいくつか考えられます。

 

調整されていない

結婚するまで実家で生活していたのであれば、請求書の支払いや費用の分担に慣れていないでしょう。

 

お金に対する考え方が結婚相手とは異なっている場合もあります。あなたには節約する傾向があっても相手はお金を使う傾向があるかもしれませんし、その逆もあり得ます。

 

夫婦が調整を図ってお金の使い方について一致した考えを持てるまでにはある程度の時間が必要です。

 

先延ばしにしている

新婚の頃には組織能力が足りなくて出費がかさむことがあります。請求書の支払いを先延ばしにすると高い延滞料を払うことになります。もったいないですよね。

 

支払うべきものは期限内に支払うようにするなら余計な出費を減らせます。

 

キャッシュレス決済

自分の財布からお金が減っていくのを見ないと、どうしても使いすぎてしまいがちです。

 

支払いのほとんどをクレジットカード、デビットカード、オンラインショッピング、ネットバンキングで済ませている場合です。

 

今はキャッシュレス決済が主流なので難しいですが、できるだけ現金払いにすることはお金の使いすぎを予防する効果があります。

 

金銭問題はきっかけが何であれ、夫婦関係に亀裂を生じさせる場合があります。大多数の夫婦は、お金をどれほど持っているかにかかわらず金銭問題が一番大きな口論のもとであると考えています。

 

どうすればよいか

具体的にどうすれば支出を抑えられるでしょうか。

 

協力し合う

互いに相手を責めるのではなく、支出を抑えるためにチームとして努力しましょう。お金のことでけんかしないように決意して協力し合うのです。

 

予算を立てる

実際の出費すべてを、ごく少額のものも含めて、一ヶ月分書き出してみましょう。お金を何に使っているかがはっきりすれば、不必要な出費を見極めることができます。

 

「出血を止めなければなりません」という表現は、医学だけでなく家計の管理にも当てはまります。

 

必要経費のリスト

食費、服飾費、家賃もしく住宅ローン、車の維持費など、必要経費のリストを作りましょう。

 

各項目の横にそれぞれの金額を記して、一ヶ月に幾らかかるのかを計算します。

 

それぞれの経費(食費、家賃、燃料費、その他)のための毎月のお金を割り振ります。

 

経費ごとの封筒

経費の項目ごとに1つの封筒を作って現金を入れておきます。

 

封筒が空になったらその項目の支出を中止します。場合によっては、他の封筒からお金を移すこともできます。

 

所有物に対する見方を考え直す

最新の物を持てば幸福になれる、というものではありません。持っている物で満足することを学びましょう。

 

調整する

ケーブルテレビに加入することや外食することは、初めのうちは自分たちの資力の範囲内であると思えるかもしれませんが、長期的には、それによって家計が苦しくなる場合もあります。

 

収入に応じた生活をするには、それらをなしで済ませることが必要かもしれません。よく考えて調整しましょう。