給料日前に金欠になった大学生の解決策はこれ!

給料日前はどうしても金欠になりがちですね。一人暮らしの大学生の中には、電気、ガス、水道が止められてしまう人もいるようです。

 

この記事では、大学生が簡単に金欠から解放される方法をご紹介します。

 

そこだけ知りたい方はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
給料日前の金欠から解放される方法

 

大学生が給料日前に金欠になってしまう原因と対処法についても説明します。

 

給料日前に金欠になってしまう原因

お金が足りなくなることは誰にでもありますが、大学生特有の原因もありますね。ここではその中から3つを取り上げます。

 

収入と支出のバランス

給料日前に金欠になってしまう大学生は、収入と支出のバランスが良くない可能性が高いです。

 

バイト代には個人差がありますが、いくら収入があったとしても支出の方が多ければ誰でも金欠になってしまいます。

 

「給料が少なくてお金がすぐになくなる」という場合でも、原則は同じです。少ない給料に合わせたお金の使い方ができていないのです。

 

飲み会やサークル活動

給料日前にお金が足りなくなる大学生は、飲み会やサークル活動に行きすぎている可能性が高いです。

 

大学生になると高校生の時とは違い、交友関係が広がるので飲み会やサークル活動も大切かもしれません。

 

収入が決まっているのに無計画に飲み会やサークル活動に参加していると、当然お金は減っていきますね。

 

飲み放題の居酒屋に行ったとしても、1軒でお開きということはあまりありません。2軒分に交通費を含めると、飲み会毎に7,000円はかかるでしょう。もし毎週飲み会に参加すれば、それだけでも大変な出費になります。

 

友達の影響で買い物をする

「みんなが買ってるから自分も欲しい」という気持ちは誰にでもあるでしょう。

 

「仲間外れにされるかもしれない」という不安からお金を使ってしまうケースもあることでしょう。大学生にはよくあることだと思います。

 

しかし、それではいくらバイトしても給料日前にお金は足りなくなってしまいます。

 

給料日前に金欠になった時の対処法

では具体的に、どうすれば給料前の金欠に対処できるでしょうか。簡単に金欠から解放される方法もあります。

 

財布には必要最低限の金額だけ

「財布にお金が入っていたので、つい使ってしまった」という経験をした大学生は多いでしょう。「銀行からお金を引き下ろすには手数料がかかるし、ATMを探すのも手間だ」と感じているかもしれません。

 

しかし、あれば使ってしまうのですから、お財布には最低限必要な金額プラス千円程度しか入れておかないようにするのがいいでしょう。いざとなったらクレジットカードを使えばいいのです。

 

特に金欠になる時期には「これは必要か」と考えてからお金を使うように心掛けてください。

 

オークションやフリマで不用品を売る

最近使っていないものを売って、お金に換えてみましょう。断捨離にもなってすっきりするでしょう。

 

着ない服をオークションで売ったり、もう読まない雑誌や本を売ったり、別れた恋人からのプレゼントを売ったり。今の自分に必要なくて売れるものは何でも売ってしまいましょう。

 

年を取ってくるとモノに執着してしまって不用品を手放せなくなる方がよくいますが、大学生なら大丈夫でしょう。不用品を売って金欠が解決するなら今すぐ行動すべきです。

 

ただし、オークションやフリマに出していいのは自分所有のものだけです。家族のものや友達に借りているものを勝手に売ってしまうとトラブルになるので気をつけてください。

 

なるべく家から出ない

家から出なければお金を使わずに済みます。外に出るとなにかしらお金を使ってしまいますし、交通費すら惜しいですからね。

 

ここは大学生には難しいかもしれませんが、「給料日前は予定を入れない!」と決意しましょう。

 

クレジットカード現金化

大学生でも自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができます。
これが一番簡単に金欠から解放される方法です。

 

こちらの記事からご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
給料日前の金欠から解放される方法

 

 

 

経済産業省の省エネ情報

理想を言えば、給料日前でも金欠にならないことが一番です。日頃から節約する習慣をつけて、給料日前でもお金に困らない生活をしたいですね。

 

経済産業省のHPには無理のない省エネ節約の具体的な方法が載せられています。一度目を通してみるのもいいと思います。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/howto/

 

大学生のうちから経済観念を身に着けることは将来必ず役に立つでしょう。